お問い合わせはこちら

トピッククラスター(対策)のメリット

2022/11/10

トピッククラスター(対策)のメリット

最近話題のトピッククラスター(対策)

SEO的な観点・ユーザビリティ観点どちらで考えても、メリットは様々あります。

 

では、具体的に、トピッククラスター(対策)にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

※トピッククラスター(対策)については先般記載した「コンテンツSEOの進化版?トピッククラスター(対策)とは」(←記事へのリンク)の記事をご確認ください。

 

 

■ロングテールSEOの効果が見込める(相性がいい)

トピッククラスター(対策)はロングテールSEOと相性がよく、順位上昇が見込めます!

ロングテールSEOとは、検索ボリュームが少なくメインキーワードではないものの、競合サイトでも上位表示していないようなキーワードで上位表示を狙うことです。

検索ボリュームが少ないという欠点はあるものの、様々なメインキーワードの周辺ワードを狙うことができるのはもちろん、そのワードで調べるユーザーはある種コアなユーザーでもあるので、クリック率も高いため、ある一定の流入が見込めます。

 

■サイト構造が整理できる

内部リンクで記事同士の関連性のあるものをつなげることでサイト構造が分かりやすくなり、他の関連記事への導線を引くことができます。

それにより、

・Googleがコンテンツ同士の関連性やピラーコンテンツによる親子関係(カテゴリ)を把握しやすくなる

・関連性の高い内部リンクが設置されることにより(Googleの)クロール頻度が向上する

・内部リンクでほかのコンテンツにもユーザーが行き来しやすくなり利便性が上がる(≒Googleの利便性が高まる)

 

コンテンツを構造化し、整理することでSEO的な評価の向上が見込めます。

 

■サイト内の掲載コンテンツの情報網羅性が高まる

トピッククラスター(対策)を導入・実施すると、サイト内のコンテンツが整理されるため、情報網羅性が高まります。

これは順位決定においてGoogleが重要視している1つの指標でもあります。

情報網羅性とは、1つのキーワードを調べた際にその他の「○○+AA」「○○+BB」など関連性のある情報をコンテンツとして提供できているかということです。

 

■まとめ

トピッククラスター(対策)は、コストをかけて作ったコンテンツをさらに生かすために重要なものであることをご理解いただけたでしょうか?

単にコンテンツ単体で考えるのではなく、それらをしっかり構造化・整理することで最終的にはビックワードにも好影響が出ることも見越し、コンテンツの追加と合わせてうまく活用していきましょう。

この記事をSNSでシェア!

最新SEO情報

«

最新SEO情報の記事一覧へ

全記事一覧へ